国民健康保険上矢作病院トップ

病院の沿革

年月日 出来事
昭和50年 3月 国民健康保険上矢作診療所完成
工事費 180,607,000円 
RC造2階延べ床面積 1,410平方メートル
6月 上矢作診療所開所(病床19床)
 開設者 上矢作町長 松浦輝一 所長 大島紀玖夫 
8月 糖尿病教室開始
子供のための夜間診療開始
10月 内科医師赴任
昭和51年 4月 外科医師 産婦人科医師赴任
内科医師2名 外科医師1名 
産婦人科1名 常勤医師4名 体制
4月 住民検診開始
5月 一般向けに夜間診療開始
昭和52年 4月 国民健康保険上矢作病院
上矢作母子健康センター 完成 
病院(50床)開院 院長 大島紀玖夫
医師住宅2棟完成 
7月 基準看護、基準寝具承認
昭和53年 2月 病床60床に増床
3月 看護婦寮「若鮎寮」(17室)完成
4月 外科救急病院の委嘱
5月 通院送迎バス運行開始
7月 基準給食承認
昭和55年 4月 神経内科外来診療(非常勤)始まる
57年9月まで
昭和56年 8月 重症者の看護及び重症者の収容承認
昭和57年 8月 外科救急病院の辞退
9月 常勤外科医不在となる
12月 脳神経外科外来診療(非常勤)始まる 
平成2年12月まで
昭和58年 3月 上矢作町議会に「病院及び歯科診療所運営特別委員会」設置 
元年9月まで
4月 職業病科診療(非常勤)始まる
5月 整形外科診療(非常勤)始まる
7月 外科外来診療(非常勤)始まる
昭和59年 3月 人間ドック開始
昭和60年 3月 住民検診全町実施
5月 産婦人科閉鎖
6月 婦人科外来診療(非常勤)始まる
7月 名市大(第2外科)より常勤外科医2名 赴任
昭和60年 8月 外科救急病院の委嘱
昭和61年 5月 基準看護1類から特1類1類上げ承認
7月 名市大(第3内科)から常勤内科医1名赴任
昭和61年 8月 CT導入 放射線科診療始まる
10月 名市大(第3内科)から非常勤内科医派遣
昭和63年 7月 名市大(第3内科)から常勤内科医1名増員  
常勤医5名
9月 名市大(第2外科)から常勤外科医1名増員  
常勤医6名
11月 循環器外来診療(非常勤)始まる 元年12月
12月 甲状腺外来診療(非常勤)始まる
平成元年 6月 基準看護特1類から特2類へ1類上げ承認
肛門科外来診療(非常勤)始まる
平成2年 4月 人間ドック新体制で発足
平成3年 3月 外来診察室改造
平成4年 3月 若鮎寮 2階改修工事完成
4月 整形外科診療 週2日に増
6月 看護部など病院機構改革
平成5年 5月 週休二日制導入
住民検診(要管理検診)開始
11月 病棟B棟改修工事完成 個室増室、リカバリー室設置
平成6年11月 第1回岐阜県国保地域医療学会参加
平成7年 1月 国保総合保健福祉施設申請
5月 病院創立20周年式典、シンポジウム開催
11月 病棟A棟改修工事 完成
平成8年 3月 かみやはぎ地域医療センター開設
9月 僻地医療支援病院指定
12月 B棟屋根改修工事完成
平成9年11月 病棟(B棟)改修工事完成
平成10年11月 病棟(A棟)改修工事完成
平成11年 4月 丹羽傳院長就任
11月 A棟屋根改修工事完成
平成12年 9月 上矢作豪雨災害 若鮎寮(看護師寮)浸水被害
平成14年 8月 病棟、リハビリ室、厨房等改修開始
平成15年 1月 病棟、リハビリ室、厨房等改修完成
4月 病棟改修により病床数56床(一般34床、療養22床)に変更
平成16年 9月 病院AB棟2階改修工事 耐震補強工事完成
10月25日 恵那市・恵南5か町村により市町村合併
開設者恵那市長となる
〒509-7506 岐阜県恵那市上矢作町3111-2 国民健康保険上矢作病院 電話0573-47-2211