当院の紹介

当院の紹介

院長あいさつ

緑のイメージ

健康が人間のあらゆる営みの基礎であり、医療過疎の農山村であってもそれは同じです。命を大切にし、人間らしい暮らしのできる地域を作ろうと、住民の知恵と力を結集して昭和50年に診療所として開設したのが上矢作病院の始まりです。急性期医療だけなく、保健、予防、リハビリ、福祉に至る包括的な医療の展開は開設当初から今も変わっておりません。

小さな病院ですが、「地域医療は住民こそ主人公」をスローガンにこれからも心温まる医療体制づくりに邁進してまいります。

病院の概要

緑のイメージ

基本理念

私たちは『地域医療は住民こそ主人公』をスローガンに地域医療を展開します

基本方針

①優しくて親切な医療をモットーにしています

②日進月歩の医学・医療を絶えず学び、より高度な医療水準を目指しています

③救急医療をはじめ、保険・予防・治療・リハビリ・福祉にいたるまで、包括的な医療の展開を目指しています

恵那市南部地域を中心に隣接する長野・愛知両県の一般医療及び救急医療の拠点病院として山間へき地の地域医療を担っています。

また、救急医療体制を整え、過疎地域として高齢化が進む中、保健衛生・医療・福祉の包括医療の充実に向け努めます。

名称国民健康保険上矢作病院
所在地〒509-7521 岐阜県恵那市上矢作町3111番地2
電話番号0573-47-2211
FAX番号0573-47-2891
開設者恵那市長 小坂喬峰
病院長西脇巨記
診療科 内科・呼吸器内科・消化器内科・小児科・外科・消化器外科・呼吸器外科・肛門外科・整形外科・リハビリテーション科・麻酔科・放射線科
稼働病床数一般病棟 52床(一般病床15床・地域包括ケア病床37床)

施設基準

緑のイメージ

当病院は、厚生労働大臣が定める看護を行っている保険医療機関です。
病院設備などにつき、次の事項を東海北陸厚生局(岐阜支部)長に届け出ています。

基本診療の施設基準

  • 急性期入院基本料5(10対1)一般病床15床/地域包括ケア病床37床(平成30年4月1日現在)
  • 地域包括ケア入院管理料1
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 感染対策向上加算3
  • データー提出加算3
  • 入退院支援加算1
  • 認知症ケア加算3
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算

特掲診療の施設基準

  • 地域連携診療計画加算
  • 薬剤管理指導料
  • 在宅療養支援病院3
  • 在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料
  • 在宅がん医療総合診療料
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)
  • CT撮影
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 麻酔管理料(Ⅰ)

食事療法の基準

  • 入院時食事療養(Ⅰ)

スタッフ紹介

緑のイメージ

常勤医師(令和3年4月1日時点)

役職医師名診療科など
病院長西脇 巨記外科・麻酔科
副院長佐本 洋介内科
内科医師村瀬 奈佑内科

非常勤医師(令和4年4月1日時点)

役職医師名診療科など
医師梅村 彦太郎整形外科
医師坪内 希親整形外科
医師多田 将士内科
医師榊原 久孝職業病科

その他の部署

看護部

看護部

看護部理念

 温もりと思いやりの心で、その人らしさを尊重し、質の高い看護を提供します

  • 患者様さまを尊重した思いやりのある看護の提供
  • 地域やチームの連携を強化し、切れ目のない看護の提供

技術部-検査科

検査科

 検査科は臨床検査技師3名で、病気の診断や治療効果などの指標になる検査データを提供しています。みなさんがよくご存知の心電図、尿検査から血糖、コレステロール、貧血、肝炎ウイルス、結核、O-157、肺活量、超音波検査など多種類の項目を毎日検査しています。

技術部-放射線技術科

放射線技術科

 私たちは一般撮影装置やCT装置などのX線機器を用いて、正確な診断や治療をサポート出来るよう取り組んでいます。また、最小限の被ばくで最大限の情報を得られるよう心掛けています。検査や放射線についての疑問などがございましたら、お気軽にお尋ねください。

技術部-リハビリテーション科

リハビリテーション科

 当科では理学療法士6名で運動器疾患や脳血管疾患などを対象に急性期から回復期、維持期にわたる各ステージで、リハビリテーションを実施しています。入院時の早期からのリハビリテーションの提供や退院にむけた支援、リハビリテーション外来との連携など、患者様が地域での生活が安心して送れることを目標に、スタッフ一同、地域に根ざした温かなリハビリテーションを心がけています。
 また、訪問リハビリテーションにも力を入れており、訪問看護ステーションから理学療法士が上矢作地域を中心に岩村・山岡・明智・串原地域などのご家庭を訪問し、在宅支援を通じて、地域支援のネットワークの強化や連携に努めています。

技術部-栄養科

栄養科

 栄養科は管理栄養士1名、厨房業務6名(委託会社)で入院患者様の毎日の食事を作っています。献立には、月に一度、松花堂弁当や郷土料理である朴葉寿司・五平餅などを取り入れ、入院中でも季節を感じられる食事を提供しています。また、食事形態や食事内容に変更が必要な患者様には医師・看護師と連携を取り、食事の調整を行っています。医師の指示のもと、生活習慣病等の栄養指導や噛めない・飲み込みづらい・むせやすいといった嚥下についての食事指導も行っています。食事についてお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

薬局

薬局

 当院の薬局では、病気の治療において欠かすことの出来ない薬剤に関する業務を行っています。主な業務は入院や外来の内用薬や外用薬の調剤、入院の注射薬のセット業務、服薬指導業務、医薬品情報提供業務、医薬品管理業務です。他にも感染対策、栄養サポート、糖尿病教室、リスク管理などにも参加しています。当院の薬局の一番の特色は、外来の患者様に発行された処方箋により病院内で薬を調剤し、患者様にお渡しする院内処方を行っていることです。


【院内処方のメリット】

①患者様の費用負担が安くなる(薬品代は同じ)
②病院内で処方薬を受け取るため時間と手間の節約になる
➂処方の変更などに対処しやすい
④検査値などの情報収集、疑義照会がしやすいのでミス防止になる


 また、錠剤の自動分包機を使って1回飲む分ごとに包装(一包化)して高齢者の方の飲み間違い防止に役立てています。これらも院内処方であるため、無料で行っております。
 薬局内は調剤業務などコンピューターによるチェック機能や機械による自動化により患者様に安全・正確・迅速にお薬を提供できるような体制を今後も整えて参ります。

地域医療連携室

image

地域医療連携室では、開業医の先生方や近隣の医療機関との病診連携機能、ならびに患者さまからの医療や福祉に関する「相談機能」を担っております。
患者さま、ご家族が安心して診療を受けていただけるよう、ソーシャルワーカーが支援させていただきますので、お気軽にご相談ください。

相談受付について

会計受付にて直接お声かけいただくか、病院代表番号にお電話ください。
平日の9:00~17:00の間でお願いします。
ソーシャルワーカー:栗田・伊藤

医療スタッフ募集

緑のイメージ

募集職種と応募資格

上矢作病院では医療職員を募集しています。

  • 内科医師
    • 30~60歳くらいまでの内科医
    • 年齢については相談に応じます
  • 看護師(恵那市職員)
    • 令和4年4月1日採用の看護師を募集をしています。
    • 随時募集もしています。(採用時期は相談に応じます。)
    • 詳しくは恵那市ホームページをご覧下さい

暖かく思いやりのある医療・看護を目指すやる気のある方をお待ちしています。

受付期間

随時

お問い合わせ

採用条件等、詳しいことは、下記へおたずね下さい。

〒509-7521
岐阜県恵那市上矢作町3111-2
国民健康保険上矢作病院 総務課

上矢作病院

〒509-7521
岐阜県恵那市上矢作町3111番地2

TEL/ 0573-47-2211
FAX/ 0573-47-2891